オール電化住宅とは?

オール電化住宅は、調理、給湯、空調(冷暖房)などのシステムを全て電気によってまかなう住宅のことです。
都市ガス、プロパンガス、灯油など使っていたエネルギーを電気に切り替えることを指します。

電気料金が値上げされます

[東北電力様のホームページより一部抜粋]
弊社は、ご家庭向けなどの規制部門における電気料金につきまして、
経済産業大臣に値上げを申請し、国の審査を受けておりましたが、
このたび認可をいただき、平成25年9月1日から平均8.94%(ご家庭向けなどの規制部門)の
電気料金値上げを実施させていただくこととなりました。
お客さまに大きなご負担をお願いする電気料金の値上げに至りましたことについて、
深くお詫び申し上げますとともに、何卒ご理解を賜りますよう心からお願い申し上げます。

オール電化住宅の『これから』を考える

電気料金の値上げが決定した今、
オール電化住宅で本当に『安心・快適な暮らし』が実現するのでしょうか?
地震・雷・ゲリラ豪雨・大雪…などの自然災害で停電に! という
もしもの時に、『電気だけの暮らしに』不安は感じませんか?
オール電化住宅について、もう一度考えてみましょう!

オール電化住宅の『メリット』

オール電化住宅の一番の特徴は、火を使わないということです。
高齢者や小さなお子様のいるご家庭では、火災の心配がなくなり安全です。
それから、深夜の安い電力を利用して給湯するので経済的です。

オール電化住宅の『デメリット』

停電などを実際に体験し、不便だったからといって
炎のある生活に簡単に戻すことはできません。
エコキュートは深夜の安い電力を利用して給湯しますので、
あらかじめお湯を貯めておくための大きなタンクを設置する
場所を確保する必要がありますし、飲み水として利用できません。
大量にお湯を使うことにより、湯切れが起こることも考えられます

オール電化住宅は十分な検討をしてから

オール電化で問題がない生活ができるか、
自分のライフスタイルとあっているかなど
十分な検討をしてから導入しましょう。

併せて読みたい

太陽光発電はガスとの組み合わせがベストマッチ!!