住宅用火災警報器の設置義務化

2006年6月1日に改正消防法が施行され、新築住宅の居室や階段上などに
住宅用火災警報器の設置が義務付けられました。
既存住宅についても、戸建住宅や、自動火災報知設備が付いていない
共同住宅に設置することが義務付けられています。
青森県弘前市では、既存住宅は 平成20年6月1日 になるまでに
住宅用火災警報器の設置が必要とのことです。
まだ警報器を設置していないご家庭がありましたら、
火災からご家族やお住まいを守るためにも早めに設置しましょう。

火災警報器は、なぜ義務化されたの?

高齢化社会が進む今後は、住宅火災による死者数が今以上に増加するのではないかと懸念されています。 死亡の原因は「逃げ遅れ」によるものが多く、命を守るためには、火災発生時に早い段階で気づくことが重要です。 住宅火災発生時の「逃げ遅れ」を防止するために、すべての住宅について、住宅用火災警報器の設置が全国で義務付けられました。 設置を怠ることによる罰則等はありませんが、火災からご家族やお住まいを守るためにも早めに設置しましょう。 寝室や廊下には煙感知式警報器を、台所には熱感知式警報器の設置をおすすめしています。

火災警報器は、どこに取り付けたらいいの?

設置場所は、就寝に使う寝室各部屋が指定されています。 2階にも寝室がある場合は、2階階段上部への設置が必要です。 その他、義務ではありませんが、台所への設置を推奨する自治体も多いようです。

住宅設備商品・住宅設備サービス

リンク